光学ドライブ付きで14時間駆動!東芝「dynabook RX73」13.3型ノートPC 7月14日発売

東芝は、13.3型モバイルノートパソコン「dynabook RX73」を発表。

ブルーレイドライブも用意。

 

マグネシウムボディ採用!東芝「dynabook RX73」シリーズ

東芝「dynabook RX73」概要・スペック・価格

  • 東芝の2017年夏モデル第2弾となる、光学ドライブ付きの13.3型モバイルノート3機種6モデル。
  • 7月14日発売。
  • 軽さと堅牢性を両立させたマグネシウム合金ボディを採用。

スペック

  • CPU
    上位・中位モデル:Core i5-7200U(2.5GHz、ビデオ機能内蔵)
    下位モデル:Core i3-7100U(2.4GHz、ビデオ機能内蔵)
  • メモリ
    上位モデル:8GB
    中位・下位モデル:4GB
  • ストレージ
    上位モデル:512GB SSD
    中位モデル:256GB SSD
    下位モデル:1TB HDD
  • 光学ドライブ
    上位・中位モデル:BDXL
    下位モデル:DVDスーパーマルチ
  • ディスプレイ:1,920×1,080ドット IPS非光沢13.3型
  • OS:Windows 10 Home
  • Office Home & Business Premium プラス Office 365サービス付属。
  • インターフェイス
    USB 3.0×3、HDMI、RGB、SDカードスロット、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、音声入出力など。
  • 駆動時間:Core i5モデル 約14時間、Core i3モデル 約11時間
  • サイズ:316×229×17.2~21.4mm
  • 重量:SSDモデル 1.32kg~1.35kg、HDDモデル 1.41kg~1.44kg

東芝「dynabook RX73」価格

  • 上位モデル
    「RX73/DWRBJA」(ホワイト)、「RX73/DBRBJA」(ブラック)
    21万円台中盤
  • 中位モデル
    「RX73/DWPBJA」(ホワイト)、「RX73/DBPBJA」(ブラック)
    19万円台中盤
  • 下位モデル
    「RX73/DWQSJA」(ホワイト)、「RX73/DBQSJA」(ブラック)
    17万円前後

公式サイト:RX73|東芝 dynabook

 

13.3型のコンパクトなボディに、光学ドライブも搭載した東芝の新型ノートPC「dynabook RX73」。

本体は、耐久性を高めながらも軽量なマグネシウムをボディに使用。

スペック違いで3機種を用意し、それぞれにホワイトとブラックのボディを用意。

CPUにCore i5、ストレージにSSDを搭載する上位と中位機種は、バッテリー持続時間が14時間。Core i3とHDDを組み合わせる下位機種も、11時間と充分な時間になっている。

3つのUSB3.0ポートも搭載し、拡張性も充実しているコンパクトノート。

サイズは小さくても、多機能は譲れないという人にプラスなモデルだ。

あわせて読みたい