見やすく進化!キングジム「Boogie Board BB-9」10.5インチ電子メモパッド 発表

キングジムは、電子メモパッド「Boogie Board」の新モデル「Boogie Board BB-9」の販売を発表。

大画面をもっと使いやすく!

 

ハイコントラスト液晶搭載!「ブギーボード BB-9」

キングジム「Boogie Board BB-9」概要・スペック・価格

  • アメリカのKent Displays社が開発・販売している電子メモパッド「Boogie Board」の新モデル。
  • 7月28日発売。
  • 2011年より発売している「Boogie Board BB-2」をベースにより見やすく改良。

スペック

  • 画面はコントラスト比が従来品より50%アップし、はっきりと見やすい液晶を採用。
  • 単6アルカリ乾電池2本で、約5万回の書き換えが可能。
  • サイドのイレースロックボタンを上にスライドをすることで不要な消去を防ぐロック機能を搭載。
  • 外形寸法:(W)175×(D)5.7×(H)269 mm
  • 画面サイズ:10.5インチ (217×157 mm)
  • 質量:約220 g

キングジム「Boogie Board BB-9」価格

  • 8,000円

公式サイト:BB-9 | ブギーボード | KINGJIM

 

付属のスタイラスや爪などで液晶画面に直接書き込みができペーパーレスにつながるとして、2010年の日本発売以来、家庭からオフィスまでファンが多い「ブギーボード」。

サイズ違いも用意されているが、新モデルの「Boogie Board BB-9」は最大サイズの10.5インチ「Boogie Board BB-2」の進化モデルに。

コントラストが50%アップした新型液晶を搭載することで、文字がはっきりと見やすく。

単6アルカリ乾電池2本で、約5万回の書き換えが可能になっている。

 

筆圧により線の太さが変化し、紙のようなかき心地が人気のブギーボードの進化モデル。

大画面なことで、既存ユーザーのアップデートにもちょうどいい1台だね。

あわせて読みたい