ハウジングなしで水深30m撮影!ニコン「COOLPIX W300」タフネスアウトドアカメラ 6月30日発売

ニコンは、耐久性と撮影機能をアップしたコンパクトデジカメ「COOLPIX W300」を発表。

さらにタフに、高画質に。

 

COOLPIX AW130後継!ニコン「COOLPIX W300」

ニコン「COOLPIX W300」概要・スペック・価格

  • 4K UHD動画撮影機能も装備したタフネスコンパクトデジカメ。
  • 6月30日発売。
  • 従来機「COOLPIX AW130」から耐久性を向上し、高さ2.4mからの落下に耐える性能を確保。
    ハウジングなしで水深30m撮影、-10℃耐寒、防塵にも対応。
  • LEDライトボタンを搭載し、暗い場所で手元を明るく。
  • 方位情報や高度(水深)情報などが確認できる「アクティブガイド」を新搭載。

スペック

  • 有効画素数:1605万画素
  • レンズ:光学5倍ズーム NIKKORレンズ
  • ディスプレイ:広視野角3型TFT液晶モニター、反射防止コート付き
  • サイズ:約111.5×66.0×29.0mm
  • 重量:約231g
  • 防水/防塵性能:IPX8/IP6X
  • 耐衝撃性能:MIL-STD 810F Method 516.5-Shock準拠

ニコン「COOLPIX W300」価格

  • オープン

公式サイト:COOLPIX W300  | ニコン

 

アウトドア志向のコンパクトカメラとして開発され、人気になったニコン「COOLPIX AW130」。

後継モデルとなる「COOLPIX W300」は、前モデルで特徴だった耐久性を向上し、耐衝撃性能を高さ2.4mからの落下にもクリアするほどアップ。

撮影は、世界標準のダイビングライセンスであるアドバンスドオープンウォーター(AOW)のライセンス保持者が潜水可能な水深30mまでハウジングなしで可能。

高画質な4K UHD/30p動画に対応するほか、水面から差し込む光で明るさが安定しない水中でもきれいに撮影できる、水中動画撮影時のAEロック(露出固定)も搭載している。

新搭載される「アクティブガイド」機能により、方位や高度、水深なども確認できる「COOLPIX W300」。

アウトドアのために全面進化した性能に、本気度が見えるモデルだね。

あわせて読みたい