高音質な初のUltra HD Blu-rayプレーヤー!ソニー「UBP-X800」発売

ソニーは、4K Ultra HD Blu-rayプレーヤー「UBP-X800」を発表。

綺麗な映像を、綺麗な音と。

 

剛性を高めたシャシー!ソニー UHBプレーヤー「UBP-X800」

ソニー「UBP-X800」概要・スペック・価格

  • ソニー初となる4K Ultra HD Blu-rayプレーヤー。

スペック

  • ドライブにソニーが開発した「Precision HDドライブ」を採用し、UHD BD/BD、DVDビデオに加え、SACDやDVDオーディオの再生に対応。
  • 縦方向に溝を入れることで剛性を高めた「FBシャーシ」を採用することで、音質を向上。
  • HDR非対応のテレビやプロジェクタで、HDRに近い4K映像が楽しめる「HDR→SDR変換」機能を搭載。
    テレビは5段階、プロジェクタは10段階で効果を選択可能。
  • Netflixなどの4Kストリーミング配信も表示でき、SDやHDコンテンツを4Kにアップスケーリング可能。
    YouTube、Netflix、Amazonビデオの4K出力にも対応。
  • ネットワークプレーヤーやUSBメモリ内の音楽再生機能を備え、ハイレゾ音楽再生もサポート。
    アプリ「Music Center」により操作が可能。
  • サイズ:430×265×50mm
  • 重量:3.8kg

ソニー「UBP-X800」価格

  • オープン。公式サイト価格は44,880円。

公式サイト:UBP-X800 | ソニー

 

4K映像に対応していることで注目度があがっているUltra HD Blu-rayのプレーヤーとして、ソニー初となる「UBP-X800」。

製品は、音響にもこだわりを持つソニーらしく、AVアンプでも採用している高剛性シャーシや、メインLSIの上に独自開発のフィンを付けたsfヒートシンクなどを使用し、音質に影響する振動を極限まで抑制。

ドライブにソニーが開発した「Precision HDドライブ」を搭載し、SACDやDVDオーディオの高音質コンテンツの再生にも対応。

映像では、HDR非対応のディスプレイで、HDRに近い明暗が実感できる「HDR→SDR変換」機能を搭載。

映像配信サービスの4Kストリーミングも再生、高解像度の映像に幅広く対応した。

音の性能も高めたソニー初のUHBプレーヤー「UBP-X800」。

映像環境を全体的に引き上げられる製品だね。

あわせて読みたい