顕微鏡モード、4K撮影も可能な防水カメラ!オリンパス「Tough TG-5」6月23日発売

オリンパスは、タフな性能を持ったコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS Tough TG-5」を発表。

アウトドアに新しい楽しみを追加する機能も。

 

その場で顕微鏡にも!「OLYMPUS Tough TG-5」

「OLYMPUS Tough TG-5」概要・スペック・価格

  • タフネス性能をのばしたコンパクトデジタルカメラ。
  • 6月23日発売。

スペック

  • 15mの防水、2.1mの耐衝撃、100kgfの耐荷重、マイナス10度までの耐低温、対結露、防塵性に対応。
  • 前型からイメージセンサーを変更し、画素数を1600万画素から1200万画素にすることで、高感度撮影時のノイズ低減や解像力を向上。
  • 画像処理エンジンに最新の「TruePic VIII」を採用し、ISO 12800まで対応。
  • 広角端で明るいF2.0のレンズを採用。光学4倍ズームが可能。
  • レンズ前1cmで接写できる「顕微鏡モード」、背面液晶で最大4倍まで拡大表示する「顕微鏡コントロールモード」を搭載。
  • 光を拡散させる別売ユニット「LG-1」により、平面の被写体にカメラを密着させることが可能。
  • 8枚を連写し画像を合成することで被写界深度を高める「深度合成モード」、ピント位置をずらして最大30枚を連写する「フォーカスブラケットモード」などを搭載。
  • フラッシュの光をリング状に拡散する別売りフラッシュディフューザー「FD-1」により、暗所でのマクロ撮影で被写体ブレや手ブレを抑制。
  • GPS、標高・水深、温度、方位を取得する「フィールドセンサーシステム」を内蔵し、情報をカメラで確認でき、スマホアプリ「OI.Track」により追加情報の付与やデータによる画像検索が可能。
  • 動画は4K(25p)の撮影のほか、フルHD 120fps撮影、640×360ドットは480fpsのスローモーション撮影も可能。

「OLYMPUS Tough TG-5」価格

  • オープン。予想実売価格は5万5000円前後。

公式サイト:Tough TG-5 | オリンパス

 

防水や耐衝撃性能などを備え、アウトドアでガンガン使えるカメラに仕上げられた「OLYMPUS Tough TG-5」。

防水プロテクターを追加で取り付けることで、15mまでの防水性能を45mまで拡大することが可能。

防水プロテクター

1cmで接写できる「顕微鏡モード」を搭載し、背面液晶で最大4倍まで拡大ができることで、気になるものを見つけたときにすぐにチェックすることも。

そんな機能をサポートするLEDやフラッシュを拡散するアイテムも用意されている。

LEDライトガイド「FD-1」

フラッシュディフューザー「FD-1」

さまざまなセンサーを搭載し情報を追加することができるほか、4K撮影などカメラ機能も充実した「OLYMPUS Tough TG-5」。

タフさを活かした多彩な機能で、新しい楽しみ方も見つけられそうなモデルだね。

あわせて読みたい