価格4万円のUltra HD Blu-rayプレーヤー!パナソニック「DMP-UB30」6月16日発売

パナソニックは、Ultra HD Blu-rayプレーヤーのエントリーモデル「DMP-UB30」を発表。

低価格で4K拡大。

 

性能維持で3万円低価格に!パナソニック UHD BDプレーヤー「DMP-UB30」

パナソニック「DMP-UB30」概要・スペック・価格

  • Ultra HD Blu-rayプレーヤーのエントリーモデル。
  • 6月16日発売。

スペック

  • 2016年7月に発売した「DMP-UB90」と同等の性能を横幅320mmと小型、低価格化。
  • UHD BD、BD/DVDビデオ、BD-R/RE、DVD-R/RW、音楽CD、CD-R/RWなどの再生に対応。
  • 動作を高速化し、約1秒でトレイの開閉が可能になり、出画時間も約30%短縮。
  • 「4Kリアルクロマプロセッサ」により、色信号の高品位なアップサンプリングを実現。
  • 4K/60p/4:2:2/36bit出力、4K/60p/4:4:4/24bit出力に対応。
  • HDRコンテンツ再生時に、HDR非対応テレビでも、高品位な映像を出力する「ダイナミックレンジ変換」に対応。
  • 各種ネット映像配信サービスに対応し、NetflixやAmazonビデオの4K/HDR、dTVの4Kなどに対応。
  • ネットワークオーディオプレーヤーとしても機能し、サーバーやUSBメモリ内のハイレゾ楽曲再生が可能。
  • 消費電力:16W
  • サイズ:320×191×45mm

パナソニック「DMP-UB30」価格

  • オープン。店頭予想価格は4万円前後。

公式サイト:DMP-UB30 | Panasonic

 

コンテンツが増えているUltra HD Blu-ray。

対応プレーヤーとして新発表されたパナソニック「DMP-UB30」は、昨年発売した「DMP-UB90」より3万円ほど価格をダウンした4万円に。

HDMI出力は、DMP-UB90の2系統から1系統に減っているが、本体サイズを小さくし、動作速度も向上。

インターネットの映像配信サービスの4K表示に対応するほか、ネットワークオーディオプレーヤーとしても利用できるようになっている。

大幅に価格を引き下げ、使いやすくなったパナソニックのUHD BDプレーヤー。

多機能なことでも選びやすい製品だね。

あわせて読みたい