4K 50型液晶テレビで価格54,800円!ドン・キホーテ 情熱価格PLUS「LE-5050TS4K-BK」発売

ドンキホーテホールディングスは、ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格PLUS」の4K 50型液晶テレビ「LE-5050TS4K-BK」を発表。

低価格で大画面4Kを。

 

市場最安価格へ!ドン・キホーテ「LE-5050TS4K-BK」

ドン・キホーテ「LE-5050TS4K-BK」概要・スペック・価格

  • ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格PLUS」初となる4K 50型液晶テレビ。
  • 6月15日発売。
  • 全国のドン・キホーテで販売。

スペック

  • ディスプレイ解像度:3,840×2,160ドット
  • 東芝映像ソリューションが開発したメインボードを採用。
  • ゲーム機などを接続することで、高画質処理を行ないながら入力信号が表示されるまでの遅延を短縮。
  • ARC(オーディオリターンチャンネル)に対応。
    ホームシアター機器などとHDMIケーブル1本で接続し、テレビの音を再生可能。
  • HDMI入力は、1.4/ARC対応、 1.3a/CEC対応、 2.0/4K対応の3ポート用意。
  • 別売のUSB HDDを接続することで通常録画のほか、裏番組の録画にも対応。
  • 最大出力8W×2chのステレオスピーカーを内蔵。
  • サイズ:109.7cm×61.9cm×126.0cm
  • 重量:11.01kg

ドン・キホーテ「LE-5050TS4K-BK」価格

  • 54,800円

 

さまざまな製品をラインナップしている「情熱価格PLUS」で、初めての4K 50型液晶テレビとして発表された「LE-5050TS4K-BK」。

製品は、東芝映像ソリューションが開発したメインボードを採用し性能と品質を確保。

ゲーム機にも対応し、高画質処理を行ないながら入力信号が表示されるまでの遅延を短縮することで、滑らかな表示に。

USB HDDを接続することで録画にも対応した。

「市場最安値に挑戦した」としたドン・キホーテの4Kテレビ。

小型のテレビとも比較できる価格は、大画面TVを狙っていた人に魅力だね。

あわせて読みたい