高耐久で低価格!UQモバイル 京セラ「DIGNO V」7月中旬発売

UQモバイルは、京セラ製のAndroidスマートフォン「DIGNO V」の販売を発表。

低価格でも長く付き合えるモデルに。

 

人気の耐久力は変わらず!京セラ「DIGNO V」

京セラ「DIGNO V」概要・スペック・価格

  • UQモバイルの2017年夏モデルとしてラインナップされるAndroidスマートフォン。
  • 米国国防総省が定める耐久試験(MIL-STD-810G)6項目に準拠。
  • カラーはホワイト、ネイビーを用意。
  • 7月中旬発売。

スペック

  • ディスプレイ全体を振動させて声を伝える独自技術「スマートソニックレシーバー」を搭載し、騒がしい場所でもクリアな音に。
  • 通話中の相手の声が聞きにくい場合、聞き取りやすい音質に調整可能。
  • 同じ相手から10分以内に2回以上の不在着信が続いた場合、着信音を大きくしたり、バイブを長く振動させることが可能。
  • 着信時や通話中は、メニューに隠れた機能も一画面でボタン表示。
  • 強化ガラス「Dragontrail X」を採用したディスプレイを採用し、傷がつきにくく、衝撃に強い構造に。
  • 防水・防塵に対応し、温度耐久・耐振動性能も確保。
  • 端末正面に電源ボタンを配置し、本体を持ち替えることなく画面を点灯・消灯可能。
  • 京セラ独自の画像処理エンジン「AINOS Engine」によりうす暗い場所でもキレイに撮影できる1,300万画素高画質のメインカメラを搭載。
  • サイズ:約73×146×8.9mm(最厚部9.2mm)
  • 重量:約139g
  • バッテリー容量:2,600mAh
  • OS:Android 7.1
  • CPU:MSM8937/1.4GHz×4コア+1.1GHz×4コア
  • メモリ:2GB
  • ストレージ:16GB

京セラ「DIGNO V」価格

  • オープン

公式サイト:DIGNO V | 京セラ

 

快適通話と耐久性能が特長のスマートフォンとして発表された京セラ「DIGNO V」。

ディスプレイには、強化ガラス「Dragontrail X」を採用した5.0インチ液晶を搭載。

電源ボタンを端末のフロント面に配置することで、持ちかえることなく画面のONができるようになり、端末を落とす可能性を減少。

骨伝導技術で音を伝える「スマートソニックレシーバー」で、騒がしい場所でもしっかり通話ができるようになっている。

 

京セラ製スマートフォンで定番となっている高耐久性能も追求し、防水防塵のほか、MILスペックにも対応した「DIGNO V」。

低価格帯のモデルながら安心して使うことができるので、MVNOとの相性もいいモデルだね。

あわせて読みたい