画面が鳴るソニー初の4K有機EL TV!「ブラビア A1シリーズ」発売

ソニーは、有機ELテレビ「BRAVIA A1」を発表。

没入できる映像。

 

HDR対応高画質プロセッサ「X1 Extreme」搭載!ソニー「BRAVIA A1」

ソニー「ブラビア A1シリーズ」概要・スペック・価格

  • 独自の高画質技術を結集したとする4K有機ELテレビ。

スペック

  • スピーカーやスタンドが正面から見えない、映像だけが浮かんでいるような新しいデザインを採用。
  • テレビの画面そのものを振動させることで音を出すソニー独自の音響システム「アコースティック サーフェス」を搭載。
    映像の中から音が聞こえ、目の前に光景が広がっているかのような体験を実現。
  • ソニーの民生用大型テレビとして初めて有機ELパネルを採用。
    ソニー独自の高画質プロセッサー「X1 Extreme」を搭載し、高精細でよりリアルな映像に。
  • 「Android TV」機能を搭載。
    ソニー独自の音声解析アルゴリズムにより、音声検索、音声操作での番組録画予約・再生にも対応。

ソニー「ブラビア A1シリーズ」価格

  • オープン。市場推定価格は、
    KJ-65A1(65V型):800,000円前後
    KJ-55A1(55V型):500,000円前後

公式サイト:A1シリーズ | ソニー

 

発色が良く、超薄型化が可能な有機ELテレビ。

ソニー「BRAVIA」初の4K有機ELとなる「A1シリーズ」は、その性能を最大限に活かすため、スピーカーやスタンドが見えない設計に。

独自の高画質プロセッサー「X1 Extreme」を搭載し、映像の品質を向上。

サウンドは画面を振動し発生することで、映像の一体感を高めた。

新世代テレビとして、新しい体験をプラスしたBRAVIA A1。

驚き満載の新モデルだね。

あわせて読みたい