24K金メッキ処理で高音質化!HIFIMANイヤホン「RE800」5月31日発売

HIFIMAN JAPANは、新型イヤホン「RE800」を発表。

豪華に理想とする音へ。

 

特殊コーティング「トポロジーダイヤフラム」搭載!HIFIMAN「RE800」

HIFIMAN「RE800」概要・スペック・価格

  • 金メッキ処理を行った真鍮ハウジングを採用したイヤホン。
  • 5月31日発売。

スペック

  • ドライバー:9.2mmダイナミック型
  • 振動板表面に特殊メッキ処理を施した「トポロジーダイヤフラム」を採用。
    コーティングは幾何学模様となっており、分割振動による歪みを大幅に低減。
  • 真鍮製のハウジングは、24K金メッキ処理をほどこし表現力を向上。
  • 再生周波数帯域:20Hz~20kHz
  • 感度:105dB
  • インピーダンス:60Ω
  • ケーブル:銀メッキ結晶銅ケーブル

HIFIMAN「RE800」価格

  • 82,080円

公式サイト:HIFIMAN「RE800」

 

イヤホンハウジングの素材として高い性能を持っているとする真鍮に、24Kの金メッキをプラスすることでさらに音質をあげたHIFIMANの新型イヤホン「RE800」。

製品はその他にも、バランスド・アーマチュア型ドライバより力強いが、ダイヤフラムの分割振動が発生するダイナミック型ドライバの問題を解決するため、新技術の「トポロジーダイヤフラム」を搭載。

幾何学模様のコーティング形状、配合物、厚さを調整することで周波数応答のコントロール性をあげ、理想的なサウンドをつくった。

本物の金を使うことで見た目も美しい「RE800」。

豪華だけど、堅実な技術に魅力があるモデルだね。

あわせて読みたい