シリーズ初の完全クラムシェル!マイクロソフト「Surface Laptop」7月20日発売

マイクロソフトは、13.5型のノートPC「Surface Laptop」を発表。

高バランスのスペック。

 

タッチ対応高解像度ディスプレイ搭載!マイクロソフト「Surface Laptop」

マイクロソフト「Surface Laptop」概要・スペック・価格

  • 新型の13.5型クラムシェルPC。
  • 6月15日に予約を開始し、7月20日発売。
  • Surfaceシリーズ初のシンプルなクラムシェルモデルとなる。

スペック

  • OS:Windows 10 S
    12月末までは無償でProへ切り替え可能。
  • サイズ:308.02×223.2×9.93~14.47mm
  • 重量:1.25kg
  • CPU:Core i5-7200U(2.5GHz、グラフィック内蔵)
  • ディスプレイ:2,256×1,504ドット表示 / 10点タッチ対応 13.5型PixelSense
  • メモリ
    下位モデル:4GB
    上位モデル:8GB
  • ストレージ
    下位モデル:SSD 128GB
    上位モデル:SSD 256GB
  • インターフェイス
    USB 3.0、Mini DisplayPort、Windows Hello顔認証用カメラ、720p対応Webカメラ、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、音声入出力、SurfaceConnect
  • バッテリ駆動時間:14.5時間
  • アルカンターラ素材を使用した手触りのいいパームレストを採用。
  • キーボードストロークは1.5mmとし、バックライトも搭載。
  • Office Home and Business 2016を搭載。
  • 別売りの1,024段階筆圧感知「Surface Pen」をサポート。

マイクロソフト「Surface Laptop」価格

  • 下位モデル:126,800円
  • 上位モデル:146,800円

公式サイト:Surface Laptop

 

ノートPCスタイルながら、キーボードと分離しタブレットとしても使うことができる「Surface Book」を販売しているマイクロソフト。

新モデルの「Surface Laptop」は、これまでシリーズになかった純粋なクラムシェルモデルとして製作。

ライバルとなる、Apple「MacBook Air」より50%速く、Core i7の「MacBook Pro」13インチよりも高速とするスペックに。

パームレストには、高級素材のアルカンターラを使用し手触りをアップ。

2,256×1,504ドットの高解像度に対応する10点タッチ対応13.5型PixelSenseディスプレイや、打鍵感にこだわったキーボード、ボディの薄さ、処理性能などから、「もっともバランスの取れたノートPC」とした。

OSには、学生向けにカスタムした「Windows 10 S」を搭載するが、12月末まで無償で「Windows 10 Pro」へ切り替え(その後は有償にて対応予定)ができ、幅広いユーザーが使用できる「Surface Laptop」。

シンプルなモデルが欲しいという声は多かったので、人気になりそうだね。

あわせて読みたい