デスクをスタジオに!マイクロソフト「Surface Studio」6月15日発売

マイクロソフトは、新型のクリエーター向けPC「Surface Studio」を発表。

新世代の操作感。

 

「Surface Dial」で自然に使う!マイクロソフト「Surface Studio」

マイクロソフト「Surface Studio」概要・スペック・価格

  • クリエイター向けに製作する一体型PCの新モデル。
  • 6月15日発売。

スペック

  • ディスプレイに、DCI-P3色域に対応、10点タッチおよび4,500×3,000ドットの高解像度に対応した28型PixelSenseを採用。
  • 「Surface Dial」との組み合わせにより、動画や写真、イラストのコンテンツ制作をスピーディーに。
  • OS:Windows 10 Pro
  • 個人向けモデルにOffice Home & Business Premium プラス Office 365サービスを搭載。
  • インターフェイス
    SDカードスロット、USB 3.0×4、Mini DisplayPort、Windows Hello対応カメラ、500万画素Webカメラ、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、Gigabit Ethernet音声入出力
  • サイズ:ディスプレイ 637.35×438.9×12.5mm、ベース 220×250×32.2mm
  • 重量:9.56kg

マイクロソフト「Surface Studio」価格

  • 下位モデル
    Core i5、メモリ8GB、GeForce GTX 965M、64GB SSD+1TB HDD
    個人向け:384,800円、法人向け:372,800円
  • 中位モデル
    Core i7、メモリ16GB、GeForce GTX 965M、128GB SSD+1TB HDD
    個人向け:444,800円、法人向け:432,800円
  • 上位モデル
    Core i7、メモリ32GB、GeForce GTX 980M、128GB SSD+2TB HDD
    個人向け:529,800円、法人向け:517,800円

公式サイト:Surface Studio – Microsoft ストア

 

高解像度の28インチディスプレイを搭載し、大画面液晶ペンタブレットに近いスタイルで使うことができるマイクロソフト「Surface Studio」。

製品には、1,024レベルの筆圧感知に対応するペンのほか、組み合わせて使うことができる「Surface Dial」が付属。

ダイヤルをクルクルと回すことで画面の操作が可能になり、製作作業をスムーズに進めることが可能になっている。

グラフィックにもこだわったスペックとし、作業のストレスを極限まで小さくする「Surface Studio」。

画面角度を柔軟に変化させるベース部分により、通常のPCとしても使いやすくなっているのも嬉しいモデルだね。

あわせて読みたい