価格も抑えた初の⼀般向け!ロジクール「メカニカル キーボードK840」6月1日発売

ロジクールは、メカニカルキーボード「K840」を発表。

ゲーミングの技術を一般にも。

 

独⾃「ROMER-G メカニカルキー」を搭載!ロジクール「メカニカル キーボード K840」

ロジクール「メカニカル キーボード K840」概要・スペック・価格

  • 耐久性とデザイン性を向上させたメカニカルキーボード。
  • ロジクール オンラインストアなどで販売。
  • 6月1日発売。

スペック

  • 天板に表⾯処理を施したアルミニウムを採用し、洗練されたデザインと高い耐摩耗性と耐久性を実現。
  • 日本で設計された独⾃の「ROMER-G メカニカルキー」を搭載。
    一般的なキーボードから最⼤25%⾼速な⼊⼒とし、耐久性を40%アップ。
  • 1度に26個のキーの同時押しを認識する26キーロールオーバーを搭載。
  • プログラム可能なF1〜F4キー、Winロック機能、メディアキーとショートカットキーを搭載。
  • 角度調節が可能な「ティルトレッグ」を備え、長時間のタイピングの疲れを軽減。
  • 張⼒緩和機能を持つ1.8mのケーブルにより耐久性を向上。
  • サイズ:幅445×奥行き34.3×高さ132mm
  • 重量:910g
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:3mm
  • 対応OS:Windows 7/8/10以降

ロジクール「メカニカル キーボード K840」価格

  • 9,250円

公式サイト:K840 MECHANICAL 有線キーボード

 

さまざまなPC用デバイスを販売しているロジクール。

意外にも一般向け初のメカニカルキーボードになるという「K840」では、気持ちのいい使い心地と高い耐久性を実現。

スイッチには、日本設計の「ROMER-G メカニカルキー」を使用することで、⾼速なキー⼊⼒を可能にし耐久性も向上。

表⾯が処理されたアルミを天板に使うことで、耐久性とクールなデザインを両立させた。

一般向けとしながら、ゲームにも対応できるキーロールオーバーやプログラムファンクションキー、Winロック機能なども備えたロジクール「K840」。

1万円をきる低価格設定になっているので、メカニカルキーボードデビューにも魅力的なモデルだね。

あわせて読みたい