魚群探知も可能な4K撮影水中ドローン!PowerVision「PowerRay」発売

PowerVisionは、水中で自由に移動できるドローン「PowerRay」を発売。

普段は見られない世界を鮮明に。

 

VRゴーグルで水中散歩も!PowerVision「PowerRay」

PowerVision「PowerRay」概要・スペック・価格

  • 水中で4K動画を撮影できるドローン。
  • ベーシックモデルの「EXPLORER」、魚群探知機と釣り餌投下機が付属するフィッシング向け「ANGLER」、フィッシグ機能のほかスマートフォン用VRゴーグルが付属する最上位モデル「WIZARD」を用意。

スペック

  • サイズ:465×270×126mm
  • 重量:3.8kg
  • 水深30mまで潜航可能。
  • 後部2基、上下移動用のスクリュー1基を搭載し、前後左右、上下に移動可能。
  • 巡航速度は最高4ノット。移動速度は3段階で切り替えでき最長4時間連続動作。
  • 4K動画撮影が可能なカメラを搭載。
  • 高輝度LEDライトを装備し、暗い水中でも明るく撮影。
  • 3倍または4倍のスローモーション動画撮影も可能。
  • カメラ映像の1080pストリーミングにも対応し、専用のスマートフォンアプリでリアルタイム表示が可能。
  • 「ANGLER」と「WIZARD」に付属する魚群探知機は、魚の分布や水中温度、深度などをアプリ画面に表示でき、取り外して単体動作も可能。

PowerVision「PowerRay」価格

  • EXPLORER:168,000円
  • ANGLER:208,000円
  • WIZARD:218,000円

公式サイト:PowerRay – PowerVision

 

なかなか見ることができない水中の景色を、自由に動き回って撮影するドローンとして発表されたPowerVision「PowerRay」。

移動時の映像はスマートフォン用のアプリで確認可能とするほか、上位モデルに付属するVRゴーグルでも楽しめるように。

そしてユニークな魚群探知や餌をまく機能を搭載したモデルも用意。

フィッシングの相棒としても活躍するドローンになっている。

撮影は4K解像度に対応するほか、スローモーション撮影などでも楽しめるPowerRay。

水辺にでかけることが増えるこれからのシーズンに、惹かれるドローンだね。

あわせて読みたい