広いタッチパッド搭載!3つ折りBluetoothキーボード「3E TOUCH+」5月13日発売

スリーイーホールディングスは、モバイルアクセサリーブランド「3E」より3つ折りBluetoothキーボード「3E TOUCH+(タッチプラス)」を発表。

便利なケースも装備。

 

マルチ接続可能!「3E TOUCH+」

「3E TOUCH+」概要・スペック・価格

  • タッチパッド機能を搭載した3つ折りBluetoothキーボード。
  • 5月13日発売。

スペック

  • 本体右側に広々設計のタッチパッドを搭載し、Windows、Androidでマウスポインタ操作が可能。
  • マルチペアリング機能を搭載し、最大3台までBluetooth接続でき、ボタン一つで簡単に切り替え可能。
  • アルミを使った特殊素材を外装に採用し優れた耐久性を実現。
    折りたたみキーボードにありがちなタイピング時の「たわみ」「がたつき」をなくしながら軽量化。
  • 本体を開くと電源オン、閉じると電源をオフにする自動電源機能を搭載。
  • スタンドとしても使用できる高級レザータイプケースを付属。
  • カラーはブラックとホワイトをラインナップ。

「3E TOUCH+」価格

  • 6,980円

公式サイト:「TOUCH+」|スリーイーホールディングス

 

スマートフォンやタブレットと接続して使いやすいBluetoothキーボード。

3Eの新モデル「3E TOUCH+」では、ポインターの操作も快適にできるサイズの大きいタッチパッドを搭載。

マルチペアリングに対応し、接続先のきりかえもすぐにできるように。

本体はしっかりとした打鍵感を実現するため、アルミを使用する特殊素材により軽く、強度をアップ。

専用のカバーはスタンドとしても利用できるようになっているので、使用シーンが想像しやすいモデルだね。

あわせて読みたい