最上位機「D500」の性能をコンパクトに!ニコン デジタル一眼レフ「D7500」6月発売

ニコンは、新型デジタル一眼レフカメラ「D7500」を発表。

高速、軽量化。

 

ユーザーの要望に応えた進化!「D7200」後継 ニコン「D7500」

ニコン「D7500」概要・スペック・価格

  • フラッグシップ機同等の画像処理エンジンを搭載したデジタル一眼レフカメラ。
  • 6月発売。
  • 「AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR付き」をセットにした「D7500 18-140 VR レンズキット」も同時発売。

スペック

  • 「D500」と同等の画像処理エンジンEXPEED 5を採用。
  • 有効画素数2088万画素、光学ローパスフィルターレス仕様のニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載。
  • 常用感度ISO 100~51200を実現。ISO 1640000という超高感度まで増感可能。
  • 処理速度を高速化したバッファメモリーの容量拡大により、最高8コマ/秒の高速連写が可能。
  • 4K動画(3840×2160ドット、30fps)撮影に対応。
  • 背面にチルト機構付きの3.2型液晶ディスプレーを搭載。
  • ボディに炭素繊維複合材を用いたモノコック構造を採用することで、従来モデルから約45g軽量化。
  • サイズ:幅135.5×奥行き72.5×高さ104mm
  • 重量:約720g

ニコン「D7500」価格

  • オープン。予想実売価格は、
    ボディ単体:16万円前後
    「D7500 18-140 VR レンズキット」:20万円前後

公式サイト:D7500 | ニコンイメージング

 

2015年3月に発売されたAPS-C機「D7200」の後継として開発された「D7500」。

最上位の「D500」から、最高約8コマ/秒の連写などのスペックを受け継ぎながら、D7000シリーズらしいコンパクトサイズを実現。

ボディはモノコック構造を採用し軽量化しながら、定評のある持ち心地の深いグリップも備えている。

こだわりをもっていた画素数向上にかわり、前モデルで要望が多かった連写速度や軽量化、バッファメモリー増量、高感度画質向上などを改善した新モデル。

取り回しの良さが嬉しい1台だね。

あわせて読みたい