普段使い性能もアップした製図用シャープペン!プラチナ万年筆「プロユース171」5月15日発売

プラチナ万年筆は、使い易さを大幅にアップさせる新機構を搭載した製図用シャープペンシル「プロユース171」を発表。

製図用シャーペンの新定番。

 

「シュノークシステム」搭載!プラチナ万年筆「プロユース171」

プラチナ万年筆「プロユース171」概要・スペック・価格

  • 普段使い用としても人気が高まっている製図用シャープペンシルの新モデル。
  • 過度の筆圧による芯折れを防ぐセーフティスライド機構と、先端のテーパー(口金)を回転させることで芯パイプの長さを変化させる機能を組み合わせた「シュノークシステム」を採用。
  • 5月15日発売。

スペック

  • シュノークシステムは、2ヵ所を回転させることでそれぞれ、通常の製図仕様とクッションが利くセーフティスライド機構の切り替え、芯パイプの長さ調整が可能。
  • 品番:MSDA-1500A(0.3mm), MSDA-1500B(0.5mm),MSDA-1500C,(0.7mm), MSDA-1500D(0.9mm)
  • カラー:#9 シルバー, #56 ブルー, #1ブラック, #3 ホワイト
  • 胴軸:ABS樹脂
  • クリップ:クロームメッキ鉄
  • グリッパー:クロームメッキ黄銅
  • テーパー:クロームメッキ黄銅
  • サイズ:全長145.2mm 最大径10mm
  • 重量:23.1g

プラチナ万年筆「プロユース171」価格

  • 1,500円

公式サイト:プラチナ万年筆

 

線を引くことに特化しているため見やすいペン先、安定した線を引くための低重心設計と滑りにくいグリップの“ かっちり” とした書き心地が評判になり、普段使いする人が増えている製図用シャープペンシル。

プラチナ万年筆の新モデルとなる「プロユース171」は、製図用シャープペンの魅力はそのままに、使いやすさをアップするため新機構の「シュノークシステム」を採用。

過度の筆圧を内部スプリングで吸収し芯折れを防ぐセーフティスライド機構を搭載するほか、芯パイプの長さ調整を可能とし、好みにあわせてより繊細な使い方ができるように。

セーフティスライド機構は、オフにし製図用シャープペンシルならではのかき心地を味わうことも可能になっている。

気持ちよさを伸ばし、使いやすさを追加した「プロユース171」。

価格も手頃になっていることで、新しい定番モデルになりそうだね。

あわせて読みたい