ツイステッドポート採用!パナソニック薄型ステレオシステム「SC-HC1000」5月19日発売

パナソニックは、コンパクトステレオシステム「SC-HC1000」を発表。

薄型でも充実した低音。

 

「デジタル5チェンジャー」も搭載!パナソニック「SC-HC1000」

パナソニック「SC-HC1000」概要・スペック・価格

  • Spotifyの再生に対応したコンパクトステレオシステム。
  • 5月19日発売。
  • カラーはブラックとシルバーをラインナップ。

スペック

  • CD再生も可能な薄型デザインのステレオシステムとして開発。
  • 薄型ながら、空気の流れを妨げない長さ225mmの曲線状ポート“ツイステッドポート”を採用し、スピーカー容積を効率化。
    マグネットも強化し、再生能力を向上。
  • スピーカーに80mmフルレンジユニットを2基搭載。
  • アンプの実用最大出力は20W+20W。
  • CD5枚をWAV形式で録音し、CDチェンジャー対応プレーヤーのように音楽再生を楽しむことができる「デジタル5チェンジャー機能」を搭載。
    MP3形式での録音もでき、その場合はさらに多くのCDを録音可能。
  • 音楽ストリーミングサービス「Spotify」の再生に対応。
  • パナソニックのサウンドジャンプリンクに対応し、ミュージックサーバー機能を持つBDレコーダー「DIGA」に保存した音楽ファイルを、Wi-Fiネットワーク経由で再生可能。
  • USBメモリーが再生可能なUSB端子、FM/AMチューナーを搭載。
  • サイズ:420×225×102mm
  • 重量:約2.5kg

パナソニック「SC-HC1000」価格

  • オープン。実売予想価格は32,000円前後。

公式サイト:SC-HC1000|Panasonic

 

Wi-Fi、USBメモリー、ラジオ、CD、Spotifyと、多彩な音源に対応した薄型ステレオシステム パナソニック「SC-HC1000」。

サウンドは、2016年に発売したRSシリーズに採用されたツイステッドポートと、強化されたマグネットにより低音を豊かに。

雑音や歪みを抑えクリアな音を再生するデジタルアンプ「LincsD-Amp III」と合わせることで、リアリティのある高音質を再生。

サラウンド効果にイコライザー調整を加え、部屋全体によりクリアで自然な音場の広がりを実現した。

CD5枚を本体に録音し、ボタン一つで気に入ったCDを再生できる「デジタル5チェンジャー」も搭載し、薄型でも使い勝手を広げた「SC-HC1000」。

デザイン性も魅力の1台だね。

あわせて読みたい