光学40倍ズーム&自撮り性能強化!キヤノン コンデジ「PowerShot SX730 HS」5月下旬発売

キヤノンは、新型コンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX730 HS」を発表。

要望にこたえた追加スペック。

 

高クオリティの性能を進化!「PowerShot SX730 HS」

キヤノン「PowerShot SX730 HS」概要・スペック・価格

  • 光学40倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ。
  • 5月下旬発売。
  • 2016年3月に発売した薄型・高倍率モデル「PowerShot SX720 HS」の後継機種として開発。

スペック

  • 望遠撮影時にも高画質を維持した撮影が可能な光学40倍ズームレンズを搭載。
  • 上手に自分撮りを行いたいというニーズに対応し、新たに約180°回転するチルト式液晶モニターを採用。
  • 「自分撮りモード」で明るさなどを調整し、構図や表情を確認しながら撮影可能。
  • 通常撮影時に被写体となる人物の美肌効果の調整が可能な「美肌モード」を搭載。
  • カメラ部有効画素数約2030万画素のCMOSセンサーと高性能映像エンジンDIGIC 6を搭載。
    暗いシーンでもブレやノイズを抑えた鮮明な写真撮影が可能。
  • 動画記録にも優れるDIGIC 6により、手軽にフルHD動画の撮影も可能。
  • Wi-FiとNFCのほか、新たにBluetooth low energyに対応し、常時接続と接続の簡易化を実現。
  • カラーはシルバーとブラックをラインナップ。

キヤノン「PowerShot SX730 HS」価格

  • オープン。直販価格は4万8500円。

公式サイト:キヤノン PowerShot SX730 HS

 

コンパクトなボディに40倍ものズーム機能を搭載したモデルとしてラインナップされていたキヤノン「PowerShot SX720 HS」。

その進化モデルとなる「PowerShot SX730 HS」は、人気の自撮り性能をアップ。

新しく、自撮り時に確認できる180°回転するチルト式液晶モニターを装備。

明るさや構図、表情を確認する「自分撮りモード」や、人物を綺麗に写す「美肌モード」も利用可能に。

通信機能では新たにBluetooth low energyに対応することで、スマートフォンをリモコンにする「Bluetoothリモートコントローラー」も常時接続で使いやすくなっている。

 

小さくても高スペックで人気のモデルに、さらに機能を追加した「PowerShot SX730 HS」。

どんな場面でも活躍できる、対応力の高さを持ったモデルだね。

あわせて読みたい