密閉型最上級ヘッドホン!パイオニア「SE-MONITOR5」5月下旬発売

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、パイオニアブランドの新型ヘッドホン「SE-MONITOR5」を発表。

ちょうどいい、高音質。

 

価格は中間に!パイオニア「SE-MONITOR5」

パイオニア「SE-MONITOR5」概要・スペック・価格

  • パイオニアブランドのハイレゾに対応した密閉型ハイクラスヘッドホン。
  • 5月下旬発売。
  • 1960年に発売された「SE-1」、1975年のモニターヘッドホン「MONITOR 10」などからくる「MONITOR」シリーズを復活。

スペック

  • 振動板に、独自開発のセルロースナノファイバーを採用。
    植物細胞壁の骨格成分をナノレベルまで細かくほぐした繊維を使用し、高剛性かつ軽量、適度な内部ロスにより音質を向上。
  • 50mm径自社開発ユニットは、振動板部分とエッジの素材が異なるフリーエッジ構造を採用。
    ハイレゾ音源に対応した広帯域再生と、クリアな音像、広い音場を実現。
  • ベース部とハウジング部の素材に、剛性の高いマグネシウム合金を採用することで、クリアな低音と空間表現力豊かな音を実現。
  • メインチャンバーとサブチャンバー間に、アコースティックポートを設置することで、低域の再現性向上と遮音性を向上。
  • ベースとハンガーの連結にゴム部材を挟み緩やかな「フローティング構造」を採用。
  • イヤーパッドはベロアタイプとレザータイプの2種類を付属。つけ心地、サウンドの違いを楽しむことができるように。

パイオニア「SE-MONITOR5」価格

  • オープン。店頭予想価格は10万円前後。

公式サイト:SE-MONITOR5 | HEADPHONE | Pioneer

 

価格25万円ほどのハイエンド「SE-MASTER1」と、2万円ほどの「SE-MHR5」ヘッドホンをラインナップしているパイオニア。

その間を埋めるモデルとして開発された「SE-MONITOR5」は、名モデル「MONITOR」シリーズの復活として設定。

50mm径のユニットには、振動板部分とエッジの素材が異なるフリーエッジ構造を採用。

振動板には、ナノレベルまでこだわった独自のセルロースナノファイバーを使うことで音質を向上。

ベース部とハウジングは、高剛性のマグネシウム合金とすることでクリアな音質に仕上げた。

オープンタイプの「MASTER」に対し、密閉タイプ「MONITOR」の先陣を切るモデルになる「SE-MONITOR5」。

ラインナップの中間に位置する価格になることで、ちょうどよいと感じる人も多いモデルになりそう。

あわせて読みたい