防水性能をアップ!楽天「Kobo Aura H2O Edition 2」5月23日発売

Kobo Aura H2O Edition 2

楽天の子会社であるカナダ「Rakuten Kobo」は、新型電子書籍端末「Kobo Aura H2O Edition 2」と「Kobo Aura Edition 2」の販売を発表。

さらにタフに。

 

ブルーライト自動調節「ComfortLight PRO」も搭載!Rakuten Kobo「Kobo Aura H2O Edition 2」

Kobo Aura Edition 2

Rakuten Kobo「Kobo Aura H2O Edition 2」「Kobo Aura Edition 2」概要・スペック・価格

  • 2015年2月に発売された「Kobo Aura H2O」の後継機種となる「Kobo Aura H2O Edition 2」と、海外で先行販売していた軽量な「Kobo Aura Edition 2」の販売を開始。
  • 5月23日発売。

「Kobo Aura H2O Edition 2」スペック

  • 端末内部に塗布されたコーティング技術による防水機能「HZO Protection」を採用。
  • ブルーライトの放出量を自動的に調節するフロントライト技術「ComfortLight PRO」を新搭載。
  • 前モデルもIP67等級の防塵・防水機能を採用していたが、新モデルでは、USBポートのカバーなしに水深2メートルで最大60分間の防水が可能なIPX8に対応。
  • 6.8インチE Inkディスプレイ(1440×1080ドット、265ppi)を搭載。
  • 内蔵メモリを2倍の8GBに増量。
  • サイズ:約129×172×8.8mm
  • 重量:207g

「Kobo Aura Edition 2」スペック

  • 6インチE Inkディスプレイ(1024×768ドット、212ppi)を搭載。
  • 内蔵メモリ容量は4GB。
  • サイズ:111.0×155.3×9.0mm
  • 重量:180g

Rakuten Kobo「Kobo Aura H2O Edition 2」「Kobo Aura Edition 2」価格

  • Kobo Aura H2O Edition 2:1万8500円
  • Kobo Aura Edition 2:1万2800円

公式サイト:電子書籍リーダー: 楽天Kobo

 

楽天が電子書籍端末としてラインナップしている「Kobo」。

新モデルとなる「Kobo Aura H2O Edition 2」は、前モデルからさらに防水性能をアップし、どこでも読める性能をアップ。

新型のフロントライト技術「ComfortLight PRO」により、目の疲れに影響するブルーライトの放出量を自動的に調節することができるようになっている。

 

小型の新モデル「Kobo Aura Edition 2」も同時に導入し、ラインナップを強化する「Kobo」。

オプションでカラフルな専用ブックカバーも用意されている。

あわせて読みたい