Transcend製SO-DIMM、M.2 SSDプリイン!小型PC ECS「LIVA Z TS(N4200)」5月13日発売

リンクスインターナショナルは、小型デスクトップパソコン「ECS LIVA Z TS (N4200)」を発表。

小さくても、快適動作。

 

ファンレスで無音!リンクス「ECS LIVA Z TS(N4200)」

リンクスインターナショナル「ECS LIVA Z TS(N4200)」概要・スペック・価格

  • Windows 10 Home 64bitを搭載した手のひらサイズの小型デスクトップパソコン。
  • 5月13日よりリンクス直販サイトにて販売。
  • Transcend製のDDR3L-1600 SO-DIMMと、M.2 2242 SSDを標準プリインストールした3つのモデルをラインアップ。

スペック

  • CPU:Intel Pentium Processor N4200
  • サイズ:117 x 128 x 33mm
  • 重量:約365g
  • Transcend製のDDR3L-1600 SO-DIMMを標準搭載し、「LIVAZ-8/120-W10(N4200)TS」は 8GB(2×TS512MSK64W6H)、「LIVAZ-16/120-W10(N4200)TS」は 16GB( 2×TS1GSK64W6H)を搭載。
    ※LIVAZ-4/120-W10(N4200)TSは、通常のLIVA Z(N4200)と同じメモリを使用。
  • Transcend製のM.2 2242 SSD、SATA 6Gb/s(SATA3.0)対応の120GBモデル「TS120GMTS420」をC:ドライブとして標準搭載。
  • Intel HD GraphicsによるHDMI 1.4b 4K30Hz、mDP 4K60Hzの高解像度出力に対応。
  • 最新のHEVC(H.265)10bitとVP9のハードウェア再生支援に対応し、HEVC(H.265)10bitでエンコードされた忠実な色彩表現の動画や、高画質高圧縮コーデックのVP9でエンコードされたYoutube動画をストレスフリーで再生。
  • HDMIポート、mDPポートを使って2つのモニタに映像を出力するデュアルモニタに対応。
  • ファンレス設計により完全無音で動作。
  • 3つのUSB 3.0ポートと、最新のUSB 3.0 Type-Cポートを1つ搭載。
  • 高速無線LAN Wi-Fi 802.11ac、Bluetooth 4.0と、2つの有線ギガビットLANポートを搭載。

リンクスインターナショナル「ECS LIVA Z TS(N4200)」価格

  • LIVAZ-4/120-W10(N4200)TS:39,800円
  • LIVAZ-8/120-W10(N4200)TS:45,800円
  • LIVAZ-16/120-W10(N4200)TS:52,800円

公式サイト:LIVA Z TS(N4200) | リンクス

 

手の広サイズの本体にIntel Pentium N4200を搭載した小型PC「ECS LIVA Z TS(N4200)」。

メモリには、Transcend製のDDR3L-1600 SO-DIMMを標準搭載し、最大16GBを用意。

ストレージにも読み込み速度が高いM.2 SSDを採用することで、動作を快適にしている。

デュアルディスプレイやUSB 3.0 Type-Cにも対応する豊富なポートを用意する小型PC。

ファンレスで音がしないため、思い切り使えるモデルだね。

あわせて読みたい