高度計を新搭載!トレーニングを分析するウォッチ Garmin 「ForeAthlete 935」5月中旬発売

Garminは、GPS機能付きマルチスポーツウォッチ「ForeAthlete 935」を発表。

最適なトレーニングのために。

 

自分にあった動きを知る!Garmin「ForeAthlete 935」

Garmin「ForeAthlete 935」概要・スペック・価格

  • GPS機能付きマルチスポーツウォッチ「ForeAthlete(フォーアスリート)」シリーズの新モデル。
  • 5月中旬発売。
  • 公式オンラインストア、全国の取扱店舗にて販売。

スペック

  • 快適に着用でき、レースやトレーニングの妨げにならない49グラムという軽量さに。
  • 簡単に交換できるQuickFitバンドに対応し、スポーティーなシリコンバンドからクラシックなレザーバンドなどへの付替えに対応。
  • 同梱されたRunning Dynamics Podを背面、腰の中央部に装着することで、ピッチ、ストライド幅、接地時間バランス、上下動、上下動比などを計測し、正しいランニングフォームを理解するためのヒントを提供。
  • モードを切り替えることで、サイクリングやスイミングもサポート。水中では距離、ペース、ストローク数などを記録。
  • 疲労回復の時間を細かく分析することで、トレーニングの最適なサイクルを知ることが可能。
    トレーニングステータスは、最新の運動履歴とパフォーマンスインジケータを自動的に評価。
  • 新搭載された気圧高度計により、山登りやトレイルランニングでもサポート。
  • これまでのBluetooth接続に加え、Wi-Fi接続にも対応。スマートフォンとの接続もスムーズに。
  • Connect IQからダウンロードできる無料のウォッチフェイス、アプリなどでカスタマイズすることも可能。

Garmin「ForeAthlete 935」価格

  • 57,800円

公式サイト:ForeAthlete | Garmin

 

スポーツ用ウォッチに定評があるGarminの新モデル「ForeAthlete 935」。

製品はウォッチのほか、同梱された「Running Dynamics Pod」も装着することで、ランニングのピッチやストライド幅なども計測。

サイクリングやスイミングにも対応し、疲労回復の時間まで分析することで、自分にあったトレーニングを行うことが可能に。

新しく気圧高度計を搭載したことにより、山登りやトレイルランニングにも対応できるようになった新モデル。

ウォッチフェイスの変更などの要素もこれまで通り搭載されているので、愛用できる多機能ウォッチだね。

あわせて読みたい