“チェキ”初のデジカメ!富士フィルム「instax SQUARE SQ10」5月19日発売

富士フイルムは、チェキプリンターを内蔵したデジタルカメラ「instax SQUARE SQ10」を発表。

手軽さに綺麗をプラス。

 

編集もできるチェキ!「instax SQUARE SQ10」

富士フイルム「instax SQUARE SQ10」「instax SQUARE Film」概要・スペック・価格

  • インスタントカメラinstax “チェキ”シリーズの新ラインアップとなるハイブリッドインスタントカメラと、専用のスクエアフォーマットフィルム。
  • 5月19日発売。
  • SQ10は、instaxシリーズで初めてデジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術を搭載し、写真画質の大幅な向上、プリント出力前の画像編集・加工を実現。

スペック

  • SQ10は、デジタルイメージング技術を搭載したことで「暗い場所や近距離といった難しい環境下でも上手に写真が撮りたい」、「色味や表現にもう少しこだわりたい」というユーザーニーズに対応。
  • フィルムには若い世代から写真愛好家まで幅広い層に親しまれているスクエアフォーマット「instax SQUARE Film」を採用。
  • 自動露出調整、人物検出、オートフォーカスといった新機能を採用。
  • 10種類のフィルター、画像の周辺部分の光量を19段階に調整できるビネット、そして19段階の明るさ調整という3つの主要機能を組み合わせ、さまざまな写真表現が可能。
  • 編集、加工、プリントの操作ボタン・ダイヤルをカメラ背面の1か所に集約し、操作状況をLCDモニターと連動させることでシンプルで直感的な操作性を実現。

富士フイルム「instax SQUARE SQ10」価格

  • オープン。店頭予想価格は税込3万2,000円前後。

公式サイト:instax SQUARE SQ10 | FUJIFILM

 

撮影した写真をその場で手にできる点が人気になっている富士フィルム「チェキ」シリーズ。

新モデルとして発表された「instax SQUARE SQ10」は、チェキシリーズで初めてデジタルカメラの技術を搭載したハイブリッドカメラに。

これまで通り撮影した写真をプリントできるモードのほか、撮影後に編集をしてからプリントすることも可能。

デジタルカメラのメリットの人物検出にも対応し、ピントずれによる撮影の失敗もなくなっている。

手軽さをそのままに進化したチェキ。

”もうちょっと”が欲しかった人にぴったりの新モデルだね。

あわせて読みたい