高速&大容量バッテリー搭載!フルサイズミラーレス一眼カメラ ソニー「α9」5月26日発売

ソニーは新型フルサイズミラーレス一眼「α9」の日本販売を発表。

ミラーレスをさらに高性能に。

 

高速化でスポーツ撮影にも!ソニー「アルファ9」

ソニー「α9」概要・スペック・価格

  • 35mmフルサイズ相当・有効2,420万画素の積層型CMOSセンサー「Exmor RS」を採用するミラーレスカメラ。
  • 予約受付を開始し、5月26日発売。

スペック

  • AE/AF追従で最高20コマ/秒の連写を可能とするスピード性能を実現。
  • 「α7 II」シリーズから搭載されているセンサーシフト式の5軸手ブレ補正を搭載。
  • 画像処理エンジン「BIONZ X」を従来比約1.8倍に高速化。
  • ボディは防塵防滴に配慮した設計を採用。
  • 積層型CMOSセンサーは、画素部分と回路部分を積層化し、回路部の拡張とメモリーの内蔵により読み出し速度の高速化を実現。
  • AF機能「4Dフォーカス」を採用し、693点の像面位相差AF、最大60回/秒のAE/AF演算。
  • α9用に新規開発された大容量バッテリー「NP-FZ100」を採用。従来比約2.2倍の容量となり、撮影可能枚数はファインダー使用時約480枚、液晶モニター使用時約650枚。

ソニー「α9」価格

  • オープン。店頭予想価格は50万円前後。

公式サイト:α9 | ソニー

 

ソニーのデジタル一眼カメラでも上位のモデルとして発表された新型「α9」。

製品は、世界で初めてメモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサーを搭載。

これまでより大幅に高速化し、スポーツ撮影などでもさらに使いやすく。

約93%の領域をカバーする693点の像面位相差検出AFも搭載。

無音、無振動のアンチディストーションシャッター、最高5.0段のボディ内5軸手ブレ補正のほか、新開発された高容量バッテリー「NP-FZ100」を採用。

これによって、これまでソニー製ミラーレスカメラに採用されてきた「NP-FW50」の約2.2倍の容量を持ち、長く連続で撮影することが可能になっている。

ソニーのミラーレスモデルでユーザーから要望が多かった点を解消したα9。

新世代モデルとして活躍するカメラだね。

あわせて読みたい