あらゆるスイッチをスマホでON!Wonder Labs「Switch Bot」販売開始

DISCOVERは、Wonder Labs社のIOTロボット「Switch Bot」の販売を開始。

自動で制御も。

 

外出先からもスマホでON!「Switch Bot」

Wonder Labs「Switch Bot」概要・スペック・価格

  • アメリカWonder Labs社が製作する全てのスイッチをスマホでコントロールできるIoTロボット。
  • 動画ショッピングサイトDISCOVERにて販売。

スペック

  • スイッチを押すほか引くこともでき、ON/OFFが可能。
  • 電源スイッチ近くに貼り付けるだけで簡単に設置可能。
  • リチウムバッテリは、約600日間持続。
  • iOS、Androidに対応する無料のアプリをダウンロードし、BluetoothとWiFiを設定することで使用可能。
  • タイマーやウェブサービス「IFTTT」を使用し、時間や条件にあわせた動作が可能。
  • サイズ:約42.8 × 36.5 × 24.0mm
  • 電池:CR2×1 最大2年間持続
  • ロボットアーム:最大圧力:10N 最大角度:135°
  • Bluetooth 4.1:最大範囲:約80m メッシュネットワーク対応
  • 重量:約100g
  • カラー:ピンク、グリーン、ホワイト

Wonder Labs「Switch Bot」価格

  • 5,880円(先着での割り引きも設定)

販売ページ:Switch Bot | DISCOVER

 

生活にかかわるものをインターネットと連携させることで便利にするIOT。

Wonder Labsの「Switch Bot」は、さまざまな形状のスイッチに対応し、スイッチのON/OFFを手軽に。

端末をリンクさせることで、スマートフォンの専用アプリから起動させることができ、タイマーやタスクなど便利な設定も可能になっている。

IOTの基本になる電源の管理が簡単にできる「Switch Bot」。

自動だったらいいのに…なんてスイッチに取り付けてみたいね。

あわせて読みたい