HDR、UFS、高画質液晶!シャープ新型フラッグシップスマートフォン「AQUOS R」公開 発売

シャープは、Androidスマートフォンのフラッグシップモデル「AQUOS R」を発表。

新ブランドを飾る最強モデル!

 

新世代のスペックへ!シャープ「AQUOS R」

シャープ「AQUOS R」概要・スペック

  • シャープの新しいフラッグシップスマートフォンとなるモデル。
  • ソフトバンク、ドコモ、auから7月7日に発売。
  • 「4つのR」として、
    ・Reality(臨場感のある映像美)
    ・Response(なめらかで俊敏なレスポンス)
    ・Robotics(人工知能がかしこくサポート)
    ・Reliability(長く使える信頼性)を追求。

スペック

  • ディスプレイ:5.3インチ 120Hz駆動 ハイスピードIGZO液晶
  • 解像度:2560×1440ドット
  • 防水・防塵のほか、タッチパネルは濡れていても快適な操作が可能。
  • HDRコンテンツに対応し、HDR非対応動画もHDRに近い映像にする「バーチャルHDR」を搭載。
  • カメラ:メインカメラ 2260万画素 インカメラ:1630万画素
  • 人工知能の機能「エモパー」は行動・習慣を学習し、未来のToDoを提案。
  • 回転するロボット充電台「ロボクル」にセットすることで、ユーザーを感知し向いて話しかける。
    ロボクルはGoogle音声検索などにも対応。
  • チップセット:Snapdragon 835
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:64GB(eMMCより速い「UFS」(Universal Flash Storage)を採用)
  • 新開発の温度管理システムを搭載し、長時間、高負荷でも安定した動作に。
  • 発売後2年間、最新のAndroid OSへのバージョンアップを提供予定。

公式サイト:AQUOS Rスペシャルサイト

 

これまで「Zeta」「Serie」などを展開していたシャープのAndroidスマートフォンを統一し、最高峰の性能を持つモデルとして発表された「アクオスR」。

モデル名にもなっている「R」は4ポイントで徹底。

「Reality」はHDRに対応し解像度2560×1440ドット、120Hzのハイスピード駆動に対応したシャープ自慢の「IGZO液晶」で実現。

「Response」には、高速な「Snapdragon 835」CPUや4GBのメモリ、レスポンスの速いUniversal Flash Storageを。

「Robotics」は、シャープがちからを入れている人工知能「エモパー」の性能を向上。

全体を通じて長く使える性能「Reliability」は、新開発の温度管理システムや2年間提供される最新OSへのアップデートで対応される。

シャープの新世代モデルとして全体をスペックアップした「アクオスR」。

気合の入ったモデルなだけに、夏モデルの台風の目になりそうだね。

あわせて読みたい