世界初AR「Tango」VR「Daydream」両対応!ASUS「ZenFone AR」2017年夏日本発売

ASUSは、新型Android SIMフリースマートフォン「ZenFone AR(ZS571KL)」の日本販売を発表。

最新映像を思い切り!

 

スペックは2種類!ASUS「ZenFone AR」

ASUS「ZenFone AR」概要・スペック・価格

  • グーグルが推進する空間認識技術「Tango」、VR技術「Daydream」に対応したSIMフリースマートフォン。
  • 2017年夏発売。
  • 世界で初めてTangoとDaydreamの両技術に対応。

スペック

  • 「Tango」は、端末に搭載された通常のカメラ、モーショントラッキングカメラ、深度カメラの3つにより、被写体の動きや位置、奥行などを解析し、3Dや情報を重ね合わせるアプリを利用可能。
  • 「Daydream」は、機能のすべてを利用するにはグーグル製ゴーグルが必要となるが、パッケージに組み立て式の簡易VRグラスが付属。
  • ディスプレー:5.7型有機EL
  • 画面解像度:1440×2560ドット
  • サイズ:約77.7×158.98×4.6~8.95mm
  • 重量:約170g
  • CPU:Snapdragon 821 2.35GHz(クアッドコア)
  • 内蔵メモリー:6GB or 8GB
  • 内蔵ストレージ:64GB or 128GB
  • 外部メモリー:microSDXC(最大2TB)
  • OS:Android 7.0
  • 対応バンド
    LTE:1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41
    W-CDMA:1/2/5/6/8
    4バンドGSM
  • カメラ:リア 23メガ、イン 8メガ
  • バッテリー容量:3300mAh
  • 指紋認証、DSDS(4G+3G)対応

ASUS「ZenFone AR」価格

  • メモリ8GB/ストレージ128GB:9万9800円
  • メモリ6GB/ストレージ64GB:8万2800円

公式サイト:ZenFone AR (ZS571KL) | ASUS

 

SIMフリースマートフォンとして、日本でも人気のASUS「ZenFone」。

新モデルとなる「ZenFone AR」は、現実世界に情報を追加する「AR(拡張現実)」と、人工的な環境を創り出す「VR(仮想現実)」機能を強化。

グーグルが推進する最新技術「Tango」と「Daydream」の両方に世界で初めて対応。

今後増えるコンテンツが楽しめるスマートフォンに。

基本スペックも充実し、ディスプレーにはWQHD解像度の5.7型有機ELパネルを採用。

CPUにはクアッドコアで高い処理性能を持つ「Snapdragon 821 2.35GHz」を搭載。

カメラはリアが23メガ、インが8メガとなっており、指紋認証や2つのSIMを使い分けることができるDSDSも利用できるように。

最新映像技術への対応が最大のセールスポイントになっているけれど、ハイスペックでも選べるモデルだね。

あわせて読みたい