シチズン「アテッサ」誕生30周年記念!限定3モデル「F900」「H820」「E610」5月12日発売

シチズン時計は、「CITIZEN ATTESA(シチズン アテッサ)」ブランドの誕生30周年を記念したモデルを発表。

アテッサ初採用もプラス。

 

30年で大きく進化したシチズン アテッサ!限定モデルでさらに

左「F900」、中央「H820」、右「E610」

シチズン「アテッサ 30周年記念限定モデル」概要・スペック・価格

  • 1987年に誕生した「シチズン アテッサ」の30周年記念限定品3モデルを販売。
  • 5月12日発売。
  • 限定数は、F900が1,000本、H820が1,500本、E610が1,800本。

スペック

  • 初代アテッサで採用されていたチタニウムを独自のスーパーチタニウムに、クオーツムーブメントを光発電エコ・ドライブへと進化。
  • 電波時計、GPS衛星電波時計などの新世代機能を採用。
  • スーパーチタニウムのケースとバンドに、独自表面硬化技術の「デュラテクトDLC」を採用。
    F900とH820ではさらに素材を硬質化させた「デュラテクトMRK」をアテッサで初めて採用。
  • 全モデル裏ぶた中央に30周年記念マークを採用。
  • 99%クラリティコーティングのサファイアガラスを採用。
  • モデルごとの機能は、
    F900:エコ・ドライブGPS衛星電波時計
    H820:ダブルダイレクトドライブフライト・エコドライブ電波時計
    E610:エコ・ドライブ電波時計

シチズン「アテッサ 30周年記念限定モデル」価格

  • F900:23万円
  • H820:16万円
  • E610:9万円

公式サイト:シチズンウオッチ

 

1987年に登場した「シチズン アテッサ」は、腕時計の快適な着け心地を追求し、ケースやバンドの外装素材に、質量が軽く、肌に優しく、サビにくい「チタニウム」を採用したモデルとして誕生。

1987年 初期モデル

30周年を記念したモデルでは、シチズン独自の表面硬化技術「スーパーチタニウム」へと進化。

ムーブメントもクオーツムーブメントから光発電エコ・ドライブになり、電波時計、GPS衛星電波時計などの機能も採用。

上位2モデルでは、素材表面を硬質化させる「デュラテクトMRK」もアテッサで初めて使われているので、進化を充分に感じられる限定モデルだね。

あわせて読みたい