業界最小の外付けHDD!パソコン/テレビ録画対応I-O DATA「HDCZ-UTシリーズ」4月下旬発売

アイ・オー・データは、3.5インチのUSB外付けHDD「HDCZ-UTシリーズ」を発表。

こだわった小ささ。

 

機能的なコンパクト!アイ・オー・データ「HDCZ-UTシリーズ」

アイ・オー・データ「HDCZ-UTシリーズ」概要・スペック・価格

  • 3.5インチUSB外付けタイプで業界最小サイズを実現したHDD。
  • PCのほか、テレビと接続し録画用HDDとしても利用可能。
  • 容量は1TB、2TB、3TB、4TB、6TBをラインナップ。
  • カラーはホワイトとブラックを用意(6TBはブラックのみとなる)。

スペック

  • サイズ:34×172×115mm
  • 縦置き、横置きに両対応。
  • 重量:1TB 610g、2~4TB 800g、6TB 880g
  • 約26%縮小したサイズ、表面積を増加させる筐体表面の凹凸により、放熱性を向上。
  • フローティングマウントした内蔵ドライブ、ゴム足などにより動作を大幅に低減。
  • 作動LEDを背面に配置し、番組視聴時に光が視界に入らないように配慮。
  • 録画用HDDとして家電メーカーと連携し動作確認を行い、10メーカー、600機種以上に対応。

アイ・オー・データ「HDCZ-UTシリーズ」価格

  • 1TB「HDCZ-UT1」:12,000円
  • 2TB「HDCZ-UT2」:13,100円
  • 3TB「HDCZ-UT3」:16,500円
  • 4TB「HDCZ-UT4」:22,100円
  • 6TB「HDCZ-UT6」:52,300円

公式サイト:HDCZ-UTシリーズ |  IODATA

 

PCのストレージやTV録画に使用でき、手軽に接続できる外付けHDDとして発表されたアイ・オー・データ「HDCZ-UTシリーズ」。

業界最小まで小さくされたサイズは放熱の妨げになる製品内部の空気を減らし、表面積をアップさせる凹凸と一緒に放熱性をアップ。

サイズを小さくするとHDDの作動音が気になることも多いが、ドライブの振動を吸収する設計が採用されている。

多くのメーカーの製品と動作確認もされ、使いやすいこだわりの外付けHDDだね。

あわせて読みたい