ひと夏の電気代29円!世界初DC扇風機に2017年型 バルミューダ「The GreenFan EGF-1600」4月中旬発売

バルミューダは、DCモーター扇風機「The GreenFan EGF-1600」を発表。

大人気モデルが今年も。

 

自然な風を送るDC扇風機!「The GreenFan EGF-1600」

バルミューダ「The GreenFan EGF-1600」概要・スペック・価格

  • 2017年モデルとなるDCモーター扇風機。
  • 4月中旬発売。公式オンラインストアにて予約受付を開始。

スペック

  • 新色ダークグレーを追加。
  • 製品の開発、製造を全て日本で行ない、高品質を維持。
  • 独自の二重構造羽根を採用し、やさしい風を送る。
  • 名称を「GreenFan」から「The GreenFan」に変更。
  • サイズ:330×320×871mm
  • 重量:4.1kg
  • 送風距離:15m
  • 最小動作音:13dB
  • 消費電力:1.5W~20W
  • 電気代目安:1シーズン 29円(最弱運転1日8時間、90日使用)

バルミューダ「The GreenFan EGF-1600」価格

  • 36,000円

公式サイト:The GreenFan | バルミューダ

 

2010年に世界初のDCモーター扇風機として登場。省エネと静かさから大人気になり、25万台以上の累計出荷台数を記録しているバルミューダ「GreenFan」。

2017年モデルでは、製品名を「The GreenFan」に新しく。

シックな新色ダークグレーを追加。

独自の二重構造羽根から、自然を再現したとする風を最大15mまで送風。

最弱運転でひと夏使った場合、電気代が29円というのも魅力的に。

今年もクーラーが苦手な人の味方になるモデルだね。

あわせて読みたい