Bluetooth連携で音を最適化!ELAC DAC内蔵アンプ「EA101EQ-G」4月5日発売

ユキムは、ELACブランドのプリメインアンプ「EA101EQ-G」を発表。

お得な限定セットも。

 

スマートフォンと連携しさらに快適に!ELAC「EA101EQ-G」

ELAC「EA101EQ-G」概要・スペック・価格

  • Bluetoothレシーバを内蔵したプリメインアンプ。
  • 4月5日発売。
  • 50セット限定でELACのブックシェルフスピーカー「Debut B5」(価格55,000円)、inakustik製スピーカーケーブル「STAR-0.75CT」を加えた「101 Debut Set」も価格を抑え販売。

スペック

  • 豊富なスピーカーラインナップとマッチングを考慮し開発。
  • サイズ:214×284×60mm
  • 重量:2.8kg
  • サブウーファ用アンプの経験を活かしたBASHテクノロジーを採用。
    デジタルアンプの高効率とアナログアンプの音質の良さを両立。
  • Bluetooth接続にも対応。
    プロファイルはA2DP、コーデックはaptXに対応。
    AndroidやiOSのアプリから本体を操作することも可能。
  • 「AUTO BLEND」機能は、接続されたスピーカーやウーファ、部屋の音響特性をスマートフォンアプリで測定。
    最適な値を計算し補正可能。

ELAC「EA101EQ-G」価格

  • 13万円。
    50セット限定スピーカーセット「101 Debut Set」は15万円。

公式サイト:ELAC:EA-101EQ-G

 

強化しているスピーカーラインナップにマッチする製品として開発されたELAC「EA101EQ-G」。

サウンドではサブウーファ用アンプの経験を活かし、効率をあげ音質をアップ。

スマートフォンなどとのBluetooth接続にも対応し、高音質なaptXコーデックもサポート。

アプリからは本体を操作することもできるようにし、さらに音質をアップするため補正をかけることも可能になっている。

手軽に最適化された空間をつくることができ、さらに楽しめるモデルだね。

あわせて読みたい